不安

殺虫剤

子供のよくいく場所に巣を発見したりすれば、子供を自由に遊ばせることに不安を感じてしまいます。
お店の軒先に巣ができてしまえば、お客さんに被害が出てしまうかもしてません。
また放っておくのもご近所関係にとって良いことではありません。

蜂は確かに花粉を運んだりする自然循環に役立っていますが、日常生活に支障をきたしては元も子もありません。
危険を感じたら業者等に相談しましょう。

蜂の駆除にかかる料金

殺虫成分

蜂の駆除にかかる料金は、市からの助成金が出るのでこれを活用する必要があります。
対象となる蜂は、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチです。
自分でもできますが、昼間のうちに巣を確認して夜に巣の中にいる蜂を駆除する方法があります。
助成金については、アシナガバチは助成なし、ミツバチ5000円、スズメバチ1万円とあります。
留意することは現場へ行って蜂が移動した場合でも費用がかかってしまうことです。
巣のできる場所や数によって料金が異なるので予算の計画を立てておいたほうが安心です。
市の助成に頼らないでプロの駆除の業者に依頼するときは、料金は市の助成金と大して変わらないので、基本即日対応してくれる業者が良いです。
このように、暑くなると蜂は攻撃的になるのでお年寄りや子どもたちを守るためにも早めの駆除が大切です。
多少の費用がかかってしまいますが、再度同じ場所に巣が作られた場合でも期限付きで保証がついている業者は安心です。

ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチ、クマバチなども同じ1万円台の料金でやってくれるので、市の助成よりもお得だと言えるでしょう。
巣が見つからなくて困っている場合は、駆除スタッフが調査してくれ、5千円からかかります。
将来的には巣ができにくいような環境作り、住宅ができるようになると駆除の必要性がなくなってくるかもしれませんが、快適な生活をするために、蜂の駆除をしっかりやっておいたほうが良いです。

蜂の危険性

防護服

蜂は花の受粉に一役買う益虫であることがよく知られています。
それと同時に毒針をもち、家の近くや通学通勤の道中に大きな巣を作ることもある危険な昆虫であることも知られています。
蜂の毒針にまだ免疫力や体力の少ない子供や自分自身が蜂の被害にあわないように、危険かもしれないと感じた場合蜂の駆除業者に調査を依頼することをお勧めします。

蜂の駆除には大きな危険が伴います。
もし巣を発見したとしてもいきなり自分で駆除しようとせずに、まずはすぐにその場を離れ被害が出る前に業者に連絡をしましょう。
駆除の料金は主に蜂の種類などによって変動しますが、スズメバチなどの非常に凶暴性の高いものは3万からの料金、アシナガバチは1万円前後の料金で依頼することができます。
凶暴性の低いミツバチでも、大量にいる場合は非常に手間がかかるためスズメバチ並みに料金がかかることがあります。
直接被害があったわけでなくとも、いつ被害にあうかわからないという状況はとてもストレスがたまります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031